空き家に7割関心なし 岡山大研究室が住民アンケート

トピックス2019年1月28日

岡山市北区の京山、岡北地区住民の約7割が、治安や景観の悪化につながる空き家の問題に関心がない―。岡山大地域環境計画学研究室のアンケートでこんな結果が出た。両地区には計600棟超の空き家があり、同研究室は「地域に眠る貴重な資源」として、活用策を考える材料にしてもらおうと住民向け座談会を開き、結果を説明した。

昨年10~11月、大学に近い両地区で無作為に選んだ1500世帯を対象とし、556世帯から回答を得た(回答率37%)。空き家問題への関心を尋ねたところ「深く考えたことがない」が最も多く57%。「なんとなく聞いたことはある」と「考えたことがない」を合わせ、72%が関心を持っていなかった。

一方で空き家を所有していると仮定し、活用したいかを聞くと「積極的に」と「条件次第で」を合わせて86%が前向きな意向を示した。

まだまだ関心が低いようです。。

 

商標登録証サムネイル
空き家管理士」は一般社団法人 空き家管理士協会の登録商標です。
【登録第5722840号】
リーガルプロテクト
会員の皆様に安心して活動して戴ける環境作りを目指し、一般社団法人空き家管理士協会は「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」と顧問契約をしております。