空き家を再生する「5つの手順」

トピックス2019年8月1日

日刊ゲンダイに、断熱性の強化がポイント!空き家を再生する「5つの手順」という記事が出てました。

どうすれば上手に空き家を再生できるのか、手順を解説されてましたので紹介しますね。

 

①物件の見きわめ

一口に空き家といっても、構造や管理に問題のない物件から、倒壊寸前の物件まで多様です。残念ながら、状態の悪い物件は再生できません。更地にして新築した方が、よほど安くつきます。まずは、建築家や大工さんらを仲間に引き入れ、物件を見定めましょう。

②再生方針の検討

最も重要なプロセス。再生して何に使うのか、先に決めましょう。再生した後に考えてはいけません。自宅にするのか、お店にするのか、集まりの場にするのか。先に決めることで、どうやって資金を集め、工事するか、決まるからです。

③仲間集め

方針を決めたら、必要な仲間を募りましょう。お店なら出店者をあらかじめ探し、共同住宅なら入居者をあらかじめ探すのです。そして、その人たちと一緒に取り組みます。自宅や友人と集まる場なら、家族や友人でOK。これまでの人脈をフル活用しましょう。

④資金の確保

再生した空き家が、どれだけ収益を生み出すか、しっかりシミュレーションしましょう。お店や共同住宅なら、お客と賃料を先に決めます。個人の利用であっても、先に予算を決めます。予算の範囲で再生工事をするのが鉄則で、仕事の経験が生きます。

⑤再生工事

おそらく、潤沢な予算はないでしょう。自分や仲間で可能なことは、自前でやりましょう。仲間と休日に作業し、夕方に打ち上げで一杯やるのもお勧め。単に予算をケチるのでなく、楽しみに変換するのがコツです。

この手順に加え、空き家再生で忘れてならないのは断熱性の強化です。古い住宅は、断熱材がないため、冬寒く、夏暑いという問題があります。せっかく再生しても、使いにくい状態なのです。

 


クレジットカード
2019年3月より、一般社団法人空き家管理士協会の皆さんの年間登録料のクレジットカード支払いが可能となりました。利用できるクレジットカードはVisa,Master,JCB,Amex,Dinersです。ぜひご利用ください。
商標登録証サムネイル
空き家管理士」は一般社団法人 空き家管理士協会の登録商標です。
【登録第5722840号】
リーガルプロテクト
会員の皆様に安心して活動して戴ける環境作りを目指し、一般社団法人空き家管理士協会は「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」と顧問契約をしております。