この時期じっくり考えたい実家の大問題

トピックス2019年8月11日

実家のネット環境は意外と大きいですね。

急な状況の変化で実家で滞在する時間が増えた時にネットがつながらないことがもたらすストレスは大きいです。

 

実家が「空き家」となった時、「売却」「賃貸」「保有」の選択肢があるが、最もコスト面で有利なのは売却だ。 「今後の人口減少から考えれば、よほどの好立地でなければ不動産の値上がりは期待できません。時間経過とともに値下がりすると考えるべきで、早めの売却が賢明でしょう」(公認会計士・税理士/山田さん)  賃貸は最も難しい選択肢。賃貸用アパートの空室が急増し、一戸建てやマンションの賃貸相場も下落しているからだ。

「空き家」は、至る所でご近所トラブルに発展している。家屋が古くなれば、倒壊や火災の危険が高まることに加え、地域の景観が損なわれれば不動産価格にも影響する。犯罪の温床と化したケースも少なくない。だが、自治体や警察に相談したとしても、従来の法体系では対策に乗り出せず、問題はさらに複雑化。そこで新法が制定され、〝厳罰化〟されるようになったのだ。

 

クレジットカード
2019年3月より、一般社団法人空き家管理士協会の皆さんの年間登録料のクレジットカード支払いが可能となりました。利用できるクレジットカードはVisa,Master,JCB,Amex,Dinersです。ぜひご利用ください。
商標登録証サムネイル
空き家管理士」は一般社団法人 空き家管理士協会の登録商標です。
【登録第5722840号】
リーガルプロテクト
会員の皆様に安心して活動して戴ける環境作りを目指し、一般社団法人空き家管理士協会は「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」と顧問契約をしております。