4割以上の正社員が「地方移住に興味あり!!」

トピックス2017年12月7日

東京、愛知、大阪に住み、従業員300人以上の企業に勤務する30~50代の正社員にアンケートした結果、4割以上の人々が現在勤務する企業から、転職や起業、勤め続けながら地方で生活するための支援が得られたとすると「移住したい、または検討したい」とこたえたそうで、30代に関しては5割以上と若い世代ほど興味を持っているそうです。

地方は生活コストが安いと思われるようですが、実際には車の保有が必要ですし、それに伴う維持費や保険料など今まで必要なかったコストがかかるようになります。

しかし、通勤時間が減る分、副業や多業、社会活動などで副収入が得られるだけでなく、スキル・経験・人間関係の幅を広げていくというメリットもあるのかな?

政府の進める働き方改革がいい意味で後押ししてくれることを期待しましょう。

住居に関しては地方に点在する価値ある「空き家」をうまく活用して、ココロが豊かなライフスタイルを送ってもらいたいものです。

 

 

 

商標登録証サムネイル
空き家管理士」は一般社団法人 空き家管理士協会の登録商標です。
【登録第5722840号】
リーガルプロテクト
会員の皆様に安心して活動して戴ける環境作りを目指し、一般社団法人空き家管理士協会は「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」と顧問契約をしております。