いよいよ空き家を市町村が仲介する時代に!!

トピックス2017年12月8日

空き家の流動化に向けていよいよ市町村が仲介する時代が来るという事で、以下共同通信の記事からです。

国土交通省は4日、地方都市の中心市街地などで増加傾向にある空き地や空き家を減らすため、買い手を見つけるのが難しい物件の取引を市町村が仲介する制度を2018年度にも新設する方針を固めた。住環境の悪化を招く恐れがある空き物件を商店や公園などに有効活用してもらい、地域事情に合わせたまちづくりを促す狙い。来年の通常国会に都市再生特別措置法改正案を提出する。

 自治体やNPOが空き物件の取引を手掛けている例もあるが、一部にとどまっている。制度を利用した場合の税負担軽減策も導入する方向で、国交省は、空き物件解消の取り組みが全国に広がることを期待する。

・・・買い手を見つけるのが難しい物件という事で、実際にはこちらも行政代執行での解体と同様ほとんど機能しないような気がします。

しかし、これも新しい一歩という事で応援したいと思います。

 

商標登録証サムネイル
空き家管理士」は一般社団法人 空き家管理士協会の登録商標です。
【登録第5722840号】
リーガルプロテクト
会員の皆様に安心して活動して戴ける環境作りを目指し、一般社団法人空き家管理士協会は「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」と顧問契約をしております。