リバースモーゲージとリースバックを比較

トピックス2019年4月20日

自宅が空き家になることを避けるための方法として最近よく聞くリバースモーゲージやリースバック。

自宅を担保にお金を借り入れ、死後に売却して返済する仕組みである「リバースモーゲージ」や自宅を不動産会社に売却し、その会社から有料で家を借りる「リースバック」などの金融手法が注目を集めている。

どちらも家に住み続けながら老後の資金を手に入れることができる。

「リバースモーゲージ」は、まとまった金額を借りて利息を払いながら、家に住み続けられる仕組み。

契約者の死亡時ないし契約期間満了となったら、自宅を売却して借入金を返済する仕組みとなっています。

将来的に、担保となった不動産を売却する前提で契約を締結します。

自宅を活用した資金調達のもう一つの方法としては、「リースバック」がある。

自宅などの不動産を専門の不動産会社へ売却し、買い主であるオーナーに対して家賃を支払う形で、引き続き同じ不動産を利用する方法だ。

リバースモーゲージに比べて、老後資金として調達できる金額が多くなりやすいのが利点だ。

しかし、毎月の支払額が家賃となり、リバースモーゲージの利息よりも高くなりやすい傾向もある。

リバースモーゲージやリースバックなど、所有する住宅資産を活用した老後資金の確保は、自宅以外にも十分な資産を持った富裕層には有効だが、老後資金を準備できない世帯が活用するにはリスクも大きく、過度な期待は禁物。

メリット・デメリットを冷静に考えたうえでいくつかの業者から査定してもらう事も忘れてはいけません。

 

クレジットカード
2019年3月より、一般社団法人空き家管理士協会の皆さんの年間登録料のクレジットカード支払いが可能となりました。利用できるクレジットカードはVisa,Master,JCB,Amex,Dinersです。ぜひご利用ください。
商標登録証サムネイル
空き家管理士」は一般社団法人 空き家管理士協会の登録商標です。
【登録第5722840号】
リーガルプロテクト
会員の皆様に安心して活動して戴ける環境作りを目指し、一般社団法人空き家管理士協会は「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」と顧問契約をしております。