2級空き家管理士資格開設について

お知らせ2016年4月20日

2級空き家管理士開設の背景

去年の5月26日から完全施行された「空き家等対策特別措置法」により空き家管理の必要性がクローズアップされてきました。それに伴い空き家管理士の資格に対するニーズも急激に増えてきました。現状での資格取得者は不動産関係や建築関係の専門家が多く、新たなニーズといえる高齢者の入院や施設への入所に伴う空き家化に関して介護事業者などは積極的に対応する事が出来ませんでした。さらに今までの学科試験の内容も専門的な言葉が多く受験に関してハードルが高いという意見を多くいただきました。

他方で仕事はリタイアしたがまだまだ体も元気で何か地元貢献できることを探しているアクティブシニア世代の方からも問い合わせを多くいただくようになり、介護事業者や未経験者向けの資格として、2級空き家管理士の開設に至りました。

2級空き家管理士の活動範囲

2級空き家管理士が報酬を受けて空き家管理を行う場合、同じく2級空き家管理士もしくはそれに準ずる知識や経験を持った者を同行する事といたします。

現行の空き家管理士資格者について

現行の空き家管理士資格取得者は1級空き家管理士として今までどおり活動していただけます
商標登録証サムネイル
空き家管理士」は一般社団法人 空き家管理士協会の登録商標です。
【登録第5722840号】
リーガルプロテクト
会員の皆様に安心して活動して戴ける環境作りを目指し、一般社団法人空き家管理士協会は「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」と顧問契約をしております。